家庭用脱毛器って実はものすごく重いんですよね。

家庭用脱毛器って実はものすごく重いんですよね。

こんなことを聞いたことはありませんか??

 

「家庭用脱毛器はダンベルよりも重い。」

 

もちろん実際にはダンベルの方が重いでしょうが、家庭用脱毛器の重さもなかなかのものです。
私の友達に一人だけそういった機会で毎週のように脱毛している人がいて、
この前彼女の家に遊びに行ったときに持ってみたんですが、
予想を超える重さでビックリしましたよ。

 

こんなものを毎週持って脱毛をするくらいだったら、
ちゃんとしてエステティックにでも通って激安キャンペーンに参加したほうがいいのでは?
と言ってみたら、とてもそんな暇がないからと返されましたね。

 

そもそも、家庭用脱毛器って忙しい主婦とかOLとか、そういった女性のためにあるのに、
どうしてそんなに重たい電化製品を高額な料金で販売するのかが理解不能です。

 

下手をするとパソコンよりも脱毛器の方が高いなんてこともありそうです。
だったら、会社を転職でもしてエステサロンで全身脱毛コースに通ったほうが、
どうせ将来的に結婚するのであれば相当いいと思うんですけどね・・・
なかなかそいった行動力のある女性はいないもんですけど。

ワキのムダ毛は永久脱毛をおすすめします

私自身は、大学生の時に両わきの永久脱毛をすませました。当時はフラッシュ脱毛がポピュラーではなかったので、電気のニードル脱毛で、確か期間は1年くらい、代金は両親に出してもらっていたのでわかりませんが、大手のエステサロンのチケット制を利用していました。

 

そのことから、よく友人たちに脱毛についてきかれますが、永久脱毛はできる状況の時にしてしまったほうがいいよ、と迷わず言っています。理由はいくつかありますが、まず、ムダ毛処理のストレスは、なくなってみると相当のものだったんだなということがわかった、というのは大きいです。水着やノースリーブ、ウェディングといった機会だけでなく、退社時や習い事で着替えが必要な時などのちょっとしたタイミングでも、ムダ毛の処理忘れは気になるもの。一度脱毛してしまえばそのわずらわしさからは一切解放されています。

 

また、アトピー性皮膚炎持ちで敏感肌のため、毎日カミソリをあてなくてすむようになったというのもメリットでした。中高生時代の処理で黒ずんでしまっていたワキも、脱毛して自己処理をしなくなってからは、すっかり綺麗な肌を取り戻すことができました。

 

ニードル脱毛はかなり痛みを伴うこともありましたが、そのかわり、永久度は実感できています。痛みがひどい時にはクリニックで麻酔をして施術もできたので、相談してみるとよいのではないでしょうか。

確かな効果で自信も身に付きました

以前から脱毛は銀座カラーで女性が行うものだと思っていたのですが、
ここ数年で男性専用の脱毛エステサロンも多く見かけるようになり、
周りの友人でも銀座カラーの脱毛を行ったという人がちらほら増えてきたので思い切って試してみました。

 

私は接客業で、お客様と接する機会が非常に多いのですが、頬の髭がずっと気になって、
お客様も見ているのでは?と心配になることがありました。

 

銀座カラーではなくて、昔、転職先だった男性専用の脱毛サロンに行ったのですが、脱毛はてっきりできる部分が決まっているものだと思っていましたが、こちらの要望に合わせて行ってくれることもまずは驚きました。

 

また、永久脱毛以外も行っているサロンがあるとのことで、
これであれば髭以外の場所を脱毛したいと思っても自然な形で脱毛・除毛ができるのではないかと思いました。

 

実際サロンに行ってみてですが、想像以上にお客さんが多かったです。
男性でも身だしなみに人一倍気を使う方であれば、脱毛も当たり前なんですね。

 

脱毛をした感じですが、一気に脱毛をする感じではなく徐々に髭を薄くする方法で、
確かにサロンに通う前と今では気になっていた頬の部分の髭が薄くなってきた感じがします。
数回に分けて通うことになっているのですが、脱毛を行った日は確かに若干該当部分がピリピリするのですが、
気になるほどでもありません。
女性には女性専用の銀座カラーのエステがオススメです。

 

人に見られる仕事なのですが、脱毛を行っていることで少し自信が身に付きました。
思い切って通ってよかったです。